子供に関わる仕事がしたい|宅建の資格は此処を見よ|貴方の足元を照らす

宅建の資格は此処を見よ|貴方の足元を照らす

男性

子供に関わる仕事がしたい

男女

人材が不足している業界

子供の数が減っていると言われている時代ですが、実際には保育士の数が不足しているとも言われています。保育士は資格を取る人は多くても実際に保育士として働く人は少ないという現状があるため、職安などの有効求人倍率は地域によっては2倍以上になっているところもあります。保育士の資格をとっても保育士不足になってしまう背景には、とった資格を利用して他人の子供ではなく自分の子供を育てよう、と家庭に入って育児に専念してしまう人も少なくないためです。子供に関わる仕事であり、国家資格である保育士は専門学校や短大を卒業すると資格を取ることができる学科も多く存在していますが、社会人が挑戦しようとする場合には時間や費用が掛かりすぎてしまいます。

即戦力として期待

社会人が保育士の資格を取る場合、学校に通わなくても試験を受験して保育士資格を取得してしまうという方法があります。学校に通うよりも圧倒的に短期間と安い費用で資格を取得できる方法です。そのためには短大や専門学校、大学を卒業しているというような条件がありますが、保育と全く関係のない学科であっても問題なく試験を受験することができます。自分のペースで勉強ができる通信講座も登場しており、短期間での取得を目指したり、じっくりと勉強することも可能になっています。社会人や主婦の人は他の人との付き合い方や子供の扱いなどになれている人も多いので、保育所なども即戦力として期待するという側面があります。そのため、実際に保育の現場で働いたことがないとしても就職できる可能性はゼロではありません。