宅建の資格は此処を見よ|貴方の足元を照らす

男性

活用できる能力

背広の人

非IT企業で活躍している方も、学生でこれから社会で活躍する方にもビジネスツールとして活かせる資格を取得しておくことは自分への評価に繋がります。注目度の高い資格は数多くあるものの、ビジネスに強い資格が重要となります。

読んでみよう

精油を使って癒す職業

アロマセラピー

昨今、アロマセラピストの需要は高まってきています。エステサロン、美容院、病院にもアロマセラピストが所属しているところもあります。アロマの資格の勉強は働きながら独学で勉強する人もいれば、通信講座で勉強する人もいます。難易度が高ければ通信講座も考えてみましょう。

読んでみよう

取得方法に迷ったら

ウーマン

予備校通いが一番

何か職業に繋がる資格はないかと考えた時に、そういえば間取りを見たり、不動産売却のチラシを見るのが好きだったなと思い、宅地建物取引主任者資格を取ろうと決断しました。大学では法学部に通っていたので、民法や法律関係は多少慣れがあり、そこも宅建資格を取る時に得なのでは、と思いました。まず、お金がそんなになかったので宅建資格を通信教育で取ってみようかとパンフレットを取り寄せてみましたが、通信が続けられるのは余程強靭な精神と忍耐力がある人だと感じました。お金は使っても良いから、効率よく、宅建資格を受けるからにはやはり受かりたいと思い、多少お金はかかりましたが宅建予備校に通うことにしました。色々パンフレットを見て比べてみたら良いと思います。私は会社の帰りに通える距離と時間で、10月の宅建試験まで効率よく勉強をさせてくれる、合格率高めの予備校を選びました。

取得することの楽しさ

まず予備校に行って感じたのは、様々な人が授業を受けているということでした。男性が多く、意気込みを感じることができ、私も絶対に取ろうと思うことが出来ました。やはり不動産関連のお仕事についていたら宅建資格は重要事項説明をする時に絶対に必要ですよね。宅建資格で一番面白かったのは都市計画や建築規制、建蔽率などの法令上の制限です。これは自分で住宅のチラシを見た時に色々と参考になって面白いですし、建築中の住宅の前に立っている看板にも情報を見た時に色々と分かるので興味深いです。また、民法は非常にややこしく、相殺、抵当権、不動産登記法、賃貸借契約などなどと、大学で学んだ法律以上に詳しく徹底的に覚えこまされました。大学時代にここまで分かっていたら、絶対に成績は優だっただろうな、と大学を卒業してから感じました。講師陣は分かりにくい人もいましたが、さすが社会人・学生予備校で合格率も高いだけあり、優秀で教え方の上手い先生が揃っています。何度も質問に行きましたし、どういうポイントを抑えたら合格できるかを教えてもらえました。全部解けなくても、ポイントを抑えれば合格するよと励ましてもらえました。

子供に関わる仕事がしたい

男女

保育士は資格を持っている人は多くても実際に働いている人が少ないという現状により、保育士不足に陥っています。社会人や主婦であっても条件を満たせば保育士資格を取得することができ、学校などに通うよりも自分のペースで勉強ができる通信講座が短期間で試験対策を安く学ぶことができるので人気となっています。

読んでみよう